【論語に学ぶ】他、不定期に更新していきます。

【論語に学ぶ】

You  can translate this page, please look  bottom of this page.
趣旨
 孔子の言行がまとめられた論語は
2500年経た今でも色褪せることなく
東洋、西洋を問わず
尊敬と共に紐解かれています。
「成熟した人間になる」為に必須の書だとも言えます。

 なぜここまで、論語が読まれているのかを考えると、
 これは、決して位が高くも低くもない一般人として、
孔子が育ち、経験し、失敗しながら積み重ねてきた中の体験を
齢70近くにして、それらを昇華させたものだからだと考えています。

 私は論語を読む中、「仁」「君子」だけではなく、
人の生き方そのものに学ぶ点を見出しました。
 私は年齢的にも未だ経験浅く、
論語の実践は試みて居ますが、その境地には遠く及ばない小さな人間です。
しかしこの素晴らしい教えを皆さんに知ってもらい、
今後皆さんの波風も多かろう人生に役立ててもらえれば幸いと思い
記すに至りました。

論語について詳しく知りたい方はWIKI

【論語に学ぶ】
2(2008/06/28)
解説を作成しました。
解説へ(新しいページで開きます)

【論語に学ぶ】
2(2008/6/28)
子曰、君子喩於小人喩於
【論語<里仁>第四 壱拾六】

【論語に学ぶ】1(2008/01/09)
解説を作成しました。
解説へ(新しいページで開きます)

【論語に学ぶ】1(2007/12/15)
子謂子産。有君子之道四焉。
其行己也。其事上也
其養民也。其使民也
【論語<公冶長>第伍 壱拾伍】



このサイトは個人サイトです。
平日は時間ある場合寝る前の30分程、
及び土日の限られた余時間に更新しています。
これから更新していきますが、
上記の理由により更新の量が低くなる事をご了承下さい。

Under construction.

Copyright 2007-2008 Envirome.com. / Tomohisa MARUYAMA (丸山智久) All rights reserved. Since 1996(TMZ*o3).
このサイトに載っている全てのオリジナル記事、画像の無断での転載を禁止します。LINKはかまいません。